IMG_1441

十一月某日 雨

仕事で表参道のかぐれにいく。
たまたま出会えた企画展は、OMOTOさんというご夫婦のもの。
鍛冶屋の夫と布を扱う妻のふかふか優しい展示だ。
刃をみてると、静かなきもちになる。
「この間、包丁が折れてしまったんです。」とわたしが言うと、
「和包丁なら、再度刃を研いで、また使えるようにできますよ。」との事。
でも、折れた包丁は和包丁でもないし、そんなに思い入れもない。
次は、折れたら泣いちゃうくらいの包丁を買おうと心に決める。
でもよく考えたら、折れないような包丁がいいかも、とも思う。